MGの独り言

いよいよ明日から新年度の始まりです。

また 4月1日 といえば

エイプリルフール

エイプリルフール (April Fools’ Day) とは、毎年4月1日には

嘘をついても良いという風習のことである。

※ただし、エイプリルフールで嘘をついてよいのは午前中だけという暗黙の了解有り※

エイプリルフールは、日本語では直訳で「四月馬鹿」、漢語的表現では

「万愚節」、中国語では「愚人節」、フランス語では

「プワソン・ダヴリル」(四月の魚)と呼ばれる。

 

エイプリルフールの起源は全く不明である。

すなわち、いつ、どこでエイプリルフールの習慣が始まったかはわかっていない。

有力とされる起源説を以下に挙げるが、いずれも確証がないことから、

仮説の域を出ていない。

以下に挙げるのは、その例である。

 

その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを開催していたが

1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用した。

これに反発した人々が、4月1日を「嘘の新年」とし、馬鹿騒ぎをはじめた。

 

インドで悟りの修行は、春分から3月末まで行われていたが

すぐに迷いが生じることから、

4月1日を「揶揄節」と呼んでからかったことによるとする説もある。

この説によれば、インドの「揶揄節」が西洋に伝わったものがエイプリルフール、

中国に伝わったものが「万愚節」になったという。

 

イングランドの王政復古の記念祭であるオークアップルデー(en:Oak Apple Day)

に由来を求める説もある。

フランスではエイプリルフールを プワソン・ダヴリル(4月の魚)といい、

子供達が紙に書いた魚の絵を人の背中にこっそり張り付けるいたずらをする。

この『4月の魚』とはサバのことを指すと言われ、ちょうどこの頃に

サバがよく釣れるためこう呼ばれるとされる。

 

日本には大正時代に欧米のエイプリルフールが伝わったが、

前述の中国の「万愚節」が江戸時代の日本に伝わり

「不義理の日」と呼ばれていたという説もある。

- 出典 Wikipedia -

 

この日は世界各国のメディアや、いろいろな企業サイトがこぞって仕掛けてくるので、
サイト巡りとかしてみるのはいかがでしょう。
イギリスの BBC とかもお勧めです。

※ BBC エイプリルフール 空飛ぶペンギン でググってみてください。

◆ 今日の街角 ◆

銀行からの帰り道

近所の公園の桜も満開でした。