MGの独り言

MGの独り言

今回はスタッフの家族紹介

(主にラット・一部ネコ)

ジャンガリアン

ジャンガリアンハムスター (Djungarian Hamster) は、ヒメキヌゲネズミ属に属するネズミの一種である。和名はヒメキヌゲネズミ

日本では、愛らしく慣れやすいことと飼育スペースが小さく済むことから人気が高く、ドワーフハムスターの中で最も多くペットとして飼育されている。   【Wiki】より

ファンシーラット

ファンシーラットfancy rat)とは家畜化されたドブネズミであり、クマネズミ属のペットの中では最も一般的な種類である。「ファンシーラット」という名称は動物愛好(英: animal fancy)または英語の動詞fancyに由来する。日本人の多くが感じるネズミのイメージとは異なり、美しいクリーム色やオレンジ色もあり、表情やしぐさには感情や愛嬌がある。ボディも毛並みも手触りは柔らかく、臭いも少ない(特にメス)。威嚇したり攻撃したり噛みつくことも少なく、とても懐きストレスにも強く丈夫なため、ペットとしてはハムスターやハツカネズミなど他のげっ歯類よりかなり推薦される。  【Wiki】より

ぬこ

ジャンガリアン

性格はおとなしく、人間にもなれやすいものが多いためペットとして適している。

ゴールデンハムスターとは異なり、相性がよければ複数飼いも可能だが単独飼育の方が好ましい。性格が合わない個体同士では頻繁な喧嘩が起こり、時には相手を殺傷・捕食してしまうこともある。

メスよりもオスの方が温厚であることが多い。

他のハムスターに比べて性格の個体差、個性の差が顕著である。   【Wiki】より

ファンシーラット

パンダマウス

パンダマウス 1980年代にデンマークで見つかり実験動物として系統化されたマウスだが、素性をたどると18世紀、日本の江戸時代の愛玩ネズミにまで行きつくことが分かった

調べると、江戸時代の日本では、金魚やアジサイなどの動植物を品種改良する市井の文化が花開き、ハツカネズミでもさかんに行われた。幕末から維新の時期に、浮世絵などを買い求めるジャポニズムが欧米で流行し、これに乗って愛玩ネズミも流出したらしい。さらに20世紀初頭、ヨーロッパでは「メンデルの遺伝法則」の再発見により交配実験ブームが起こり、ここで豆ぶちネズミの白黒模様が格好のモデルとなったことが当時の文献から分かってきた。

近交系統化によって、パンダマウスにはJF1/Msの名がつけられた。JFは Japanese Fancy、すなわち日本の愛玩ネズミから採られている    【NPO NEWSつくば HPより】

色々しらべてみて、まず驚いたのが 【人になつく】ことでした。

手乗りの画像がそこかしこから出てくる・・・

ラットやマウスがここまで人に慣れるとは知りませんでした。

こりゃ飼ってみたくなるのもよくわかる。

ただ、やはり寿命が・・・

皆さんもそれは十分承知の上でのことでしょうが、かつて

茶虎と暮らしていたことがあるので ペットロスの辛さも

体験済みで、なかなかペットを飼うのは

ハードルも高く、、、

とはいえスタッフにとっても大切な家族の一員でしょう。

末永く可愛がってあげてください。