MGの独り言

【MGの独り言】

緊急事態だの、外出自粛だの、

なんとも寂しいゴールデンウィークですが

この【GWゴールデンウィーク】という名称

いつ頃から使われだしたのか その起源を調べてみました。

と いうわけで、いつもの【WiKiペディア】より

由来

「ゴールデンウィーク」の名称は、映画会社の大映が松竹と競作して1951年(昭和26年)に同時上映となった『自由学校』が、大映創設以来最高の売上(当時)を記録し、正月映画やお盆映画以上の興行成績を残したことで、この時期に観客を多数動員し活性化することを目的として、当時の大映常務取締役であった松山英夫によって作成された宣伝用語であり、和製英語である。1952年(昭和27年) -1953年(昭和28年)頃から一般にも使用されるようになり、他の業界にも広まった。

日本発の和製英語だったのですね。

いつもの 外国からの輸入(電○案件)だとばかり思ってました。

ただ、この由来にも諸説色々あるようですが・・・

年々大型化してくるGWですが、かつては【飛び石連休】など、

その年ごとによっては 使い勝手の悪い連休もあったことを

よく覚えています。

7連休とか使えれば 山奥の秘湯とか、是非一度行ってみたいものです。

コロナにしても、徐々にワクチンの接種も進んできているようで

そのうち状況も多少は好転してくるのではないかと思っています。

とは言え、予断を許さない状況でもあるのは確か

日々気を付けて生きています。

皆様も健康には十分すぎるほどお気を付けくださいませ。

【本日の一枚】

公園に咲いていた花